フランクミュラーの歴史と世界観。その魅力とは。

独立時計師がブランドを展開するのは、今では珍しくなくなりましたが、フランクミュラーはその先駆者です。幼い頃から精密機械に強い関心を抱いていた彼は、ジュネーブ時計学校に入学し、この名門時計学校を主席で卒業することになります。卒業後、独立時計師として、複雑時計の代名詞である「トゥールビヨン」「ミニッツリピーター」「パーペチュアルカレンダー」等の機構を備えた腕時計を次々に製作し、伝説の時計師「ブレゲ」の再来と呼ばれるまでになりました。名声を高めた彼は1992年に、自身の名を冠したブランド「フランク・ミュラー」を立ち上げます。ブランドをスタートした後も彼は、複雑時計の革新と特許取得を絶え間なく続けます。この卓越した独創性がスイスの時計産業に与えたインパクトは計り知れないものがありました。確かな技術力に加え、デザインも秀逸で、そのエレガントでスタイリッシュなデザインは一目でフランク・ミュラーと認識できる強烈な個性を創出しました。瞬く間に独自の世界観を創出し、確立することに成功したのです。それを象徴するのが有名な「トノーカーベックス」と呼ばれる樽型のケースであり、ノスタルジックなビザン数字を配した文字盤だったのです。こうして世界中で爆発的な人気を博したフランク・ミュラーは数々の著名人に愛され、その華麗な腕を飾ることとなったのです。人気のフランクミュラーですが、代表モデルは何といってもトノーカーベックス です。初の量産型コレクションで、ケースの素材、サイズ、ダイアルのバリエーションなど、もっとも豊富な選択肢が存在するモデルです。確実に好みのモデルをチョイスすることが可能です。そしてフランクミュラー人気の裾野を拡大したカサブランカも外せません。初のステンレス素材の量産モデルとして登場し、お求めやすくなった価格設定に加え、夜光塗料を施したインデックスや特徴的なブレスレット、数々のバリエーションで人気を不動のものとしたのです。コンキスタドールも高い人気を誇るモデルです。 征服者という意味を持つコレクションで、立体的に造形されたベゼルがダイナミックなフォルムを形成し、好評を博しています。そして西暦2000年に誕生したミレニアムモデルがロングアイランドです。アール・デコスタイルを再現し、エレガントなフォルムを様々な意匠を凝らし造形し、瞬く間に人気モデルとなりました。このように人気のフランクミュラーを身につけることで、自身の中で眠る自信とエレガントを確実に格上げすることごできるのです。